2009年05月15日

お宅訪問

火曜日に見学したCapital Toastmastersで、同じくゲストだった人に電話番号を教えた。

昼に彼から電話があった。

今日の仕事が終わったら食事でも食べないかと。

予定も無かったので、仕事が終わり次第、指定の場所に向かう。

その場所は、私の上司が住んでいるアパートと同じアパート。

世界は狭い。

実は私もそのアパートに住もうかと思ったことがあった。

ただ、部屋が空いていなくて断念したのだ。

彼の友人であるGM勤務のソフトウェアエンジニアを紹介されて、

3人でとまずはジョギング。

疲れた。

なぜなら、アメリカに来てから車ばかりに乗っていたので。

久しぶりに走ると疲れる。

その後、彼の家に招待される。

さすがにちょっと警戒しつつ、彼の家の中へ。

ベランダで話をしながら、いろいろ聞くと、バングラディシュから大学生のときにアメリカにやってきて、そのままこちらで就職したそうだ。

バングラディシュからアメリカの大学に進学するのは相当なエリートなのではと思った。そのまま彼の手作り夕食をご馳走になった。

ZOJIRUSIの炊飯器でタイ米を炊く。

タイ米といえば大昔の米凶作時のブレンド米の恐怖が頭をよぎるが、

意外とそこまで不味くない。

あとは肉と漬物。結構辛い。

どうやら、日本から来たばかりだとこの前自己紹介したので、

親切心で招いてくれたようだ。

やはり外国から一人でアメリカということで共通するものがあったのだろう。

彼は今度の例会にも参加する予定だという。

私もCapital Toastmastersに参加するMotivationが上がった。

posted by Koichi at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

Captial Toastmastersからメールの返事が無い

Captial Toastmastersへ問いあわせのメールを出してから5日が経過しようとしているが、いまだに返答は無い。

たまたま担当の人が休みだったりすると当然返事が返ってこない。

神奈川でも一時期ゲストの問い合わせへの返答が遅れてしまったことがあった。

電話番号もHPに書いてあるので、電話するのが確実なのだろう。

ただ、電話でまともに会話が成立する自信が無くて電話できないというのが実情である。

いきなり無連絡で参加しても問題なしなのがトーストマスターズなので、返事が無くても特に支障は無いが、英語が満足に話せないことを前もって説明できないのは辛いところである。

posted by Koichi at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

Burlington旅行

神奈川TMメンバーがBurlingtonに滞在するのも今週まで。

ちょうど土日の予定が空いていたこともあり、Burlingtonへ1泊2日の旅行をすることにした。

アメリカに来てはじめての泊まり旅行である。

土曜日に出発して高速を快調に走る。

65マイル制限の道を65マイルぴったりで走行。

日本と違って+αがなく、70マイルで走ると捕まるらしい。

途中で何台もPoliceに捕まっている車を見た。

Lake Georgeインターで高速を下車。河口湖の巨大版のような湖を眺めつつ北上。

途中で”Detour”なる看板が目に付くようになる。

恥ずかしながらDetourという単語の意味を知らなかった私は迂回路を選ばずにそのまま道を直進してしまう。

いきなり道路が無くなっている!!

がけ崩れで道がなくなっていたのだ、危うく落ちるところだった。

ここでようやくdetourが迂回という意味であることを理解。

そんな回り道をして2時ごろVermont州へ。

海のような巨大な川(湖?)を橋で超えてVermontへ。

アメリカは州が変わると法律も変わるので、車の運転も気を使う。

NY州のように制限速度で走っていると、どんどん後ろから追い抜かれていく。

どうやら、Vermontは+αがOKなのか、それともこの辺の道はPoliceが少なくてスピード出しても大丈夫なのか。とにかく自分を追い抜いた車と同じ速度でついていく。

そんなこんなで4時ごろBurlington着。途中で激しい雨に見舞われたが、徐々に雨も止んで市内観光する。普通に街中を歩いている人がたくさんいて驚く。Albanyのダウンタウンでは歩いているのは少数の黒人だけだった。写真は次の日の早朝に撮ったので人が少ない。

土曜日は会社の同僚にBurlingotn市内を案内してもらって、日曜日に神奈川TMCのWさんのところへ。

てっきりホテルに滞在していると思ってホテルらしい建築物を探すがそれらしいものは見つからない。

なんと、個人宅にホームステイ!!さすがWさん、顔が広い。

ものすごいアメリカ的な豪邸に案内される。

さらにもう一人ステイしている人がいるという、なんという豪邸だ。

ビリヤード場まで個人宅に完備されているとは。

3人で中華料理店に行く。

もう一人の彼はペルーからやってきた警察官(にこれからなる)。

ここで、これまで仕事の会話くらいしかやってこなかったツケが出てしまう。

日常会話はほとんど英語でやっていなかったのだ。

それでも、ここには書けない話で盛り上がった後、5時ごろお別れする。

最短距離でも4時間かかるし、慣れない道を暗い中走るほど、左ハンドル慣れはしていないからだ。

で、いきなり道間違える。

はて、ここはどこの湖だろう?

巨大地図から検索して多分これだろうと見当をつけていくと、街に到着。

やってきましたRutland。

ここまでくれば高速伝って行くだけなので、もう大丈夫。

こうして、初めての泊まり旅行は無事終了しました。

今度はどこに行こうかな。

posted by Koichi at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。