2009年08月01日

平日クラブの難しさ

アメリカだからという訳ではないのだが、仕事が軌道に乗ってきたことで、

定時に帰れなくなりクラブへの参加が難しくなってきてしまった。

日本では土曜日のクラブに参加していたので、この問題はなかったのだ。

私の住むAlbany近郊には土曜日のクラブがないため、火曜日のクラブと水曜日のクラブから選ぶしかない。

だが、水曜日には日本との会議があって、絶対に参加不可能。

火曜日のクラブは17:30〜という17時の定時帰りでないと間に合わない開始時間の設定。

もっと計画的に仕事を進めれば良いのだが、なかなか上手くいかない。



posted by Koichi at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

Toastmastersの会費の払い方

アメリカのToastmasters Clubの入会申込書を見て、気がついた。

クレジットカード番号を書くところがあるのだ。

Toastmastersの本部へ払うお金は自分のクレジットカードで直接支払い。

所属するクラブの会費は現金で会計係りに支払い。

日本の神奈川クラブではまとめて会計係りに支払っていた。

おそらく、会計係りが全員分まとめて本部へ支払っていたのだろう。

そういえば、自分が加入したときは、まだ神奈川は未チャーターで、

チャーターするときにこの申込書の表だけを記入した記憶がある。

当時、裏側は見なかったが、こういう情報が書いてあった訳ね。

posted by Koichi at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

会員のStatus問題

私生活でトラブルやイベントが立て続けに起こって更新が滞ってしまいました。ノートに記録しているので、落ち着いたら後で更新します。

トーストマスターズ関連でちょっともめているのが、私のStatusについてです。
完全に新規会員であれば、Application Feeを払って終りです。
ところが、私は神奈川TMCでメンバーでした。
そのため、私のStatusは3月までMemberで、4月以降はMembershipがExpireされた状態になっているはずです。
ところが、実際には私のMembershipがInvalidになっていません。
会費を払わない=即退会ではなく、ある程度の猶予期間を設けている印象があります。

ここで何が問題になるか。
それはApplicationFeeとマニュアルです。
まず、私は新規入会ではないため30ドルの新規入会費はWaiveされます。ところが、この会費にはCCとCLのマニュアル代が含まれています。

日本では神奈川TMCという日本語クラブに参加していましたので、日本語マニュアルしかもっていないのです。
これで論評やってくれとたのまれても現地の人は困ってしまいます。
ということで、新規入会じゃないけど、マニュアルだけは要るという状態です。
そして、現地TMCメンバーにとって、この事態はこれまで無かったことのようで、対応法に苦慮している訳です。
まだ、Membershipが生きているように見える場合は再入会なのか、Dualなのかという点など。
どちらにしろ、冷たい対応と評されるアメリカにおいて信じられないくらい好意的な対応なので、いずれどうにかなるでしょう。

と、ここに至り、自分で注文すれば良いではないかと気が付いて注文した次第です。
posted by Koichi at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。