2009年11月06日

入会申込書の受理通知が来た

本日、Toastmaster Internationalから入会の通知がメールでやってきました。

さて、以前入会したときにはこんなメールは来ていなかったような気がする。

あっ、当時は未チャーターのクラブだったからだ。

ということで、私のStatusも下記のように更新されました。ClubID小さいなぁ。

1960年代に出来たクラブだからな。

posted by Koichi at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

9月になって

Patroon Clubの会長からメールが来ました。

内容は"INACTIVE MEMBERがほとんどいなくて、よそのクラブから人を集めて例会を実施しているが、これ以上このような方法を取り続けるのも限界だ。"

その中で気になった一文が、

" We are going to need an upswing in the showing of active members very, very, very soon or there will not be a club. "

私はクラブが消滅する条件を知らないのですが、○人以下だとクラブ解散とか規定があるのでしょうね。

クラブの消滅さえ回避できれば、スピーチやり放題ということなんですよね。

小泉Jrの言葉ではありませんが、「ピンチはチャンス」ということで、

入会宣言を今日のミーティングでやってしまおうと思っています。

posted by Koichi at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

もう一度見学から

世界大会の別世界な雰囲気を体験した私は、ちょっと悩んでいた。

Albany周辺には私の日程に会うクラブが存在しない。

強いて挙げればPatroon Toastmasters ClubのThu 17:30-になる。

会社を17時に抜ければ良いのだが、このご時世なかなかそれは難しい。

しかし、世界大会の雰囲気もあり、無理して17時に会社を出る。

会場に到着するとそこには5月以来久しぶりに見た顔があった。

「Oh! Koichi!」

え?

なんと、5月に2回見学に来ただけの人間を覚えていたのだ。

ちょっと驚いた。

名前もセットで覚えているとは恐れ入りました。

自分も顔は分かるのだが、名前はさすがに忘れてしまっていた。

とっても、うれしい気分になったのは言うまでも無い。

火曜日は17時で退社することにしてしまえばよいのだ。

この瞬間、私はこのクラブに入ろうと思った。

まずはトーストマスターズの基本、「見学2回した後に入会宣言」にのっとり、

今日を再び1回目の見学として、スタートしたいと思います。

posted by Koichi at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする